マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド



「レッツ・ゲット・イット・オン」(Let's Get It On)は、マーヴィン・ゲイが1973年に発表した楽曲。全米1位を記録。ゲイの代表作の一つ。

『ホワッツ・ゴーイン・オン』(71年)に続く、70年代マーヴィン・ゲイ不朽の名盤。共同プロデューサーにエド・タウンゼントを迎え、ジョー・サンプル (ピアノ)、デヴィッド・T.ウォーカー (ギター)、ウェルトン・フェルダー[from クルセイダーズ](ベース)、エディ・ブラウン (ボンゴ)をはじめと ...

マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: プロデュース: マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: ゴールドディスク; プラチナディスク: チャート最高順位; 第1位(Billboard Hot 100) 第1位(Best Selling Soul Singles) マーヴィン・ゲイ シングル 年表

本作は、1971年『ホワッツ・ゴーイン・オン』に続く、1970年代マーヴィン・ゲイ不朽の名盤(1973年発表)。共同プロデューサーにエド・タウンゼントを迎え、ジョー・サンプル(ピアノ)、デヴィッド・t.ウォーカー(ギター)、ウェルトン・フェルダー(ベース ...

第88回 Let’s Get It On(1973/全米No.1,全英No.31)/ マーヴィン・ゲイ(1939-1984 ... 共作者としてクレジットされているエド・タウンゼンドが作り、世に出さぬまま温存していたこの曲にマーヴィンが手を加え、歌詞もメロディも変えたのである。

ソングライターとして60年代、ベン・e・キングなどに楽曲を提供していたエド・タウンゼンドはアルコール依存症にむしばまれ、リハビリ施設に入った。1973年に施設を出たタウンゼンドは南カリフォルニアに向かい、マーヴィン・ゲイの家を訪ねた。

マーヴィンは新たなアイディアを求めて、社外のプロデューサーに目を向ける。こうして、1973年初頭、エド・タウンゼンド(写真)との協力関係が始まった。タウンゼンドは、この当時こそアルコール中毒の治療を終えて再出発するところだったが、50年代 ...

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド ⭐ LINK ✅ マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

Read more about マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Calendar
MoTuWeThFrStSu