マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド



マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: プロデュース: マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: ゴールドディスク; プラチナディスク: チャート最高順位; 第1位(Billboard Hot 100) 第1位(Best Selling Soul Singles) マーヴィン・ゲイ シングル 年表

最大のヒット作は、マーヴィン・ゲイの73年の「レッツ・ゲット・イット・オン」。これがエドの作品でプロデュースでもあった。この曲は最近、ヴァイヴ・マガジンから「オールタイム・ナンバー・ワン・ラヴ・ソング」に選ばれていた。

この曲は、1973年よりも遥か以前に雛形が完成していた。共作者としてクレジットされているエド・タウンゼンドが作り、世に出さぬまま温存していたこの曲にマーヴィンが手を加え、歌詞もメロディも変 …

ソングライターとして60年代、ベン・e・キングなどに楽曲を提供していたエド・タウンゼンドはアルコール依存症にむしばまれ、リハビリ施設に入った。1973年に施設を出たタウンゼンドは南カリフォルニアに向かい、マーヴィン・ゲイの家を訪ねた。

マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: プロデュース: マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド: ゴールドディスク; プラチナディスク: チャート最高順位; 第1位(Billboard Hot 100) 第1位(Best Selling Soul Singles) マーヴィン・ゲイ シングル 年表

マーヴィンは新たなアイディアを求めて、社外のプロデューサーに目を向ける。こうして、1973年初頭、エド・タウンゼンド(写真)との協力関係が始まった。タウンゼンドは、この当時こそアルコール中毒の治療を終えて再出発するところだったが、50年代 ...

エド・シーランが100万ドル(約1億1000万円)の損害賠償金を求めて訴えられた。エドは『シンキング・アウト・ラウド』が故マーヴィン・ゲイに ...

エド・シーランが100万ドル(約1億1000万円)の損害賠償金を求めて訴えられた。エドは『シンキング・アウト・ラウド』が故マーヴィン・ゲイによる1973年作『レッツ・ゲット・イット・オン』を盗用したものだとして、ゲイの同曲一部の著作権を所有するストラクチュアド・アセット・セールス ...

ちなみにタウンゼンドさん(サングラスの人)は、テレビプロデューサーとして、またマーヴェン・ゲイのあまりにも有名なLet's Get It Onをマーヴィン本人と共作したことでも知られるエド・タウンゼンド …

ラッパーが規則に従わないことはよく知られている事実です。彼らは反逆者であり、それが彼らをとても人気にしている理由です。彼らがしていることはすべて、たとえそれが薬物乱用であっても魅力的です

マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド ⭐ LINK ✅ マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド

Read more about マーヴィン ゲイ エド タウンゼンド.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Calendar
MoTuWeThFrStSu